ここから本文です

◎「JPX日経中小型200社」は、直近3年間の成長が著しい上場企業(3,400社)の中で、「資本の効率性」や「財務状況の健全性」などの観点で、東京証券取引所(上場企業数・3,400社)及び日本経済新聞社(日刊・274万部発行)が選定し、「投資家にとって投資魅力の高い会社で構成」されています。
 毎年6月30日(次年度の選定基準日)時点で、銘柄を見直して入替えを行い、8月31日に会社名を公表しています。

○「JPX日経中小型200社」の選定基準は、以下のとおりです。
① 直近1年間の株式売買代金が、150億円以上の会社
② 選定基準日(6月30日)において、時価総額が、100億円以上の会社
③ 直近3年間・累計ROE(自己資本利益率)が、70%以上の会社
④ 直近3年間の累積営業利益率が、30%以上の会社

※これだけ「難易度の高い基準」をアルデプロは、昨年初めてクリアし、選定された訳ですから、6月30日の「入替選定基準日」に「200社から除外されない」ために、たった17名の正社員は、今日も日本全国及び中国本土、台湾、香港等で、「再開発アジャストメント事業を推進し、増収・増益を図るため」に、一生懸命に営業活動を展開しています。