ここから本文です

日経が速報ニュースとしてスルガがシェアハウス問題解決のため、一段と踏み込んだ支援政策?を検討と報道している。その有力策として金融ADRを使うとのこと。これはいわば示談解決を第三者機関を経由して実施したいということ。裁判外の紛争解決制度です。ということは従来自らは責任ないとしていた態度を一転させるということに等しい。大幅な引当金増額、すなわち減益がさらに追加されることになりそうです。