ここから本文です

信用倍率がかつてないほどの改善を見せている
正のスパイラルに突入
今の状況は明らかに個人と一部の大口の現物買いに対して、個人、機関の空売りが入りと個人の信用買いのやれやれ売り、期日売りがダブルで来ている。
しかも、株価は下がるどころか上がり続けている。株価が急騰しているのに
信用が急改善している状態は、ここ10年来の日本企業にはない現象だ
しかも、この時点でも配当4パー強、PER,PBRともに超割安
減益ながらも決して収益が悪化しているわけでもないしかもこのマイナス金利下でだ
この現象は、金融、建設を筆頭に不動産、証券セクターでも起きている
今、日本バリュウー株は岐路時にあるのかもしれない
この時点から買い向かうのは心理的には難しい
だが、半年後の結果を予想すると
相当な上値余地があると確信しているのは私だけではないはず