ここから本文です

ソマールはもともと100円配当の株だった。(株式併合を考慮した数字)
そして50円配当に減配、更に無配転落という流れ。
現在は2017年の30円復配、続く2018年3月期は50円に増配。
今期も50円配当の予定。
先月の1600円台という株価は10年ぐらい前の何期か赤字決算が続いた時とほとんど変わらない。
今期は2Qまで業績は問題なく、ここまで売られる理由もないと思うが、
株式併合で株価が10倍になったのが悪影響になった気がしている。
以前だったら200円の株価は低位株となり低位株としての需要があったと思うが、
それがなくなってしまった。
売買単位が変わっているので1単元の売買代金は変わらないのだが、不思議なものだ。
業績の黒字化が続けば以前の100円配当に戻ると思うので、2000円以下は割安に思うのだが。
配当政策の方針が変わり、配当性向が30%となれば120円配当ぐらいは行けると思う。
最近は配当性向が重要視されているので、ソマールも株主還元を課題にして欲しいものだ。