ここから本文です

アジアの再生医療関連団体が集まり、各国間の規制調和を検討する初の国際会議「第1回アジア再生医療団体連携会議(APACRM)」が11日、都内で開催された。再生医療イノベーションフォーラム(FIRM)の呼びかけによって開催された会議では、再生医療等製品における薬事環境が各国で異なる中、前臨床試験から臨床試験、承認申請までをアジアで共有化する環境を整備し、各国での承認申請をスムーズに実施することや、臨床試験のコスト削減をアジア全体で目指していくことに合意した。

FIRMの戸田雄三会長(富士フイルム副社長)は12日、都内で記者会見し、アジアで唯一、再生医療に特化した法規制を持つ立場から、「リーダーシップをどうやってとっていけばいいかの議論もできた」とし、アジアの再生医療に関する規制調和でも牽引役を担いたい考えだ。