IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

いまの井戸を掘るまでには富士山の周囲たくさんの場所で試験堀をしたそうです。
それぞれの場所で汲んだサンプルの水は100項目の角度で検査をしてもらったそうですが、1項目につき1万円かかったそうです。
様々な場所で1番水質が良かった今の場所で1ヶ所につき数千万円の本番井戸掘りを決めたとの事。
富士山の水はどこで汲んでも同じではないというのは裏付けがあるわけですね。
バナHには水の腐敗につながる過マンガン酸が検出されないそうです。
だからこそ、この良い水を非加熱で届けようということになったそうです。

天兆さんがおっしゃったようにバナの水資源こそが、エマルジョンや水素より凄いのかもしれないとあらためて思いました。