ここから本文です

この件は叩かれて当たり前だが、
決して下請けに厳しいわけではないと思いますよ。
航空機の部品を作れるところはどこでもいいわけじゃない。
ボルト1つでも、買値が高いからといって他社から買うってのはなかなか出来ないのですよ。
製造会社が必要な認定を持っていることや図面で呼ばれてる部品番号があれば図面から変更しないといけない。と大変なのです。
今の現状は下請けからは言値で買って元請けからは追加費用すら貰えてないはずです。

  • >>767

    製造会社が認定を必要なのか知りませんが、「図面で呼ばれてる部品番号があれば図面から変更しないといけない」それって製造業であれば当たり前、どちらの会社も必要に応じて、加工法、寸法、使用材、使用部品、表面処理指示など普通に変更しています。
    必要だから変更する、そんな図面変更すら大変と言われるくらいだから不正や隠蔽に繋がっているのです。
    「今の現状は下請けからは言値で買って元請けからは追加費用すら貰えてないはず」ってそれが事実なら昨年の決算、リストラ、資産売却もなしに減収増益、となったのは、下請けに対し強引なコストダウン、いわいる下請け虐めの結果、減収なのに増益、結果下請け離れ、自業自得状態ですね!
    ここからは投資関係、ギャレイ、ラバトリーはそれなりの受注も見込まれると思いますが、問題はシートでしょう、赤字状態のまま不正発覚ではどうしたものか、
    一昨年などは、悪材料出る前にモーニングサテライトで取り上げられたか、仕組んだのかわかりませんが、売上目標も派手な事、言ってましたが、ジャムコは航空機内装に特化した企業であり、メーカーと言っても自社で市場を作る事は出来ません
    航空機需要に応じて、しかも現在もてはやされている小型機には使用されない
    中、大型機のみ対応、ほぼボーイング頼み、一部エアバスと言うだけです。
    売上は目標ですから嘘にはなりませんが、今後いかに中、大型機の需要が拡大してくれるか?その限られたキャパの中でいかに受注できるかだけです。