IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

中国でバルク船を受注しようが、ベトナムの艦艇を手伝おうが、もはや収益への影響は微々たるもの。ディーゼル事業の延命と拡大がすべてだ。コストダウンや営業努力はもう限界だ。中計で宣言していた通り、外から人材を招聘し、glovalな合併・M&Aといった思い切った手を打つべきだ。残された時間は多くは無い。