ここから本文です
  • >>550

    やっぱり、バカソニック破綻すれば楽にの失敗は間違いない何千億の損失

    BofAメリルのG10通貨調査責任者、アタナシオス・バンバキディス氏は「外為市場が貿易戦争のリスクを十分織り込んでいるとは考えられない」と指摘。「今や緊張が高まって貿易戦争のリスクが増した。われわれには市場が油断していると見受けられる」とし、貿易戦争のリスクに備え、オプション経由で「対円でユーロをショートにすべきだ」と話した。

      モルガン・スタンレーは円が対ドルで1ドル=105円、対ユーロでは1ユーロ=119円と、1月3日のフラッシュクラッシュ以来の高値を付けると見込む。BofAメリルはプットスプレッドを通じたユーロ・円ショートを推奨している。

      モルガン・スタンレーの為替戦略グローバル責任者、ハンス・レデカー氏によると、同社は通貨ポートフォリオを「一層のリスクオフ市場環境」に備えたものにしている。「まずリスク選好の後退が円を押し上げる見通しだが、米金融当局が大幅な景気減速に対応して利下げすることになれば、ドル・円の下落はさらに進行するだろう」と述べた。