IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です


>【推察・自分宛】✳️心の移り変わりを自分に宛てたものです。明日からの、自分の、投資の参考にします。読み飛ばして。
●やはり、アジアの敗訴か。ある程度、予測は、していた。上訴しても、完全アウェイなので、最高裁までいっても、逆転勝訴は、無理っぽい。私の持ち株が、助かる方法があるかどうか現時点の状況で考えてみた。
①損切り=わずかでも、持っていると、お金が絡んでいるので、いろいろ勉強になる事もあるので、今しばらくHold。
②ナンピン=無配・斜陽産業・発行株数じゃぶじゃぶ→おまけにリストラ、持ち株数増やすと、平均単価下がるが、そのまま、倒産の可能性もある。これ以上のリスクは、とれない。
③アジアの持ち株を、東京機械が買い戻す。=まずないなぁ。新株予約権発行のお墨付きもらったわけだから。あえて、高い値段で買い戻す事は、しないだろう。④アジアの持ち株を、どこか、別のファンドが、買い取り、そのファンドがTOBをかける。(その場合、日系のファンドがのぞましい。外資だと、安保がどうのこうのと、また始まる。村ちゃんファンドですら、本拠地は、シンガポールだから、外資の規制をかけよと言う、声さえある。)⑤ウルフの信者になり、指導を仰ぐ。⑥アジアが、市場を通じて、売却する。=買ってくれる一定数のイナゴが必要。もっともらしい、情報操作をしてイナゴタワーを形成。(タワーの一部になっては、いけない。最後の逃げ場)⑦新株発行されても、アジアの持ち株は、30パーセント=さぁ、どうするか。✳️まー、裁判で、わかっていたとはいえ、判決でたわけで、最高裁までいって勝訴とか、希望的観測は、やめたほうが良い。現実を見つめ、いかに損失を少なくできるか、考えたほうが良いと思う。普通に考えて、月曜日ウリ気配スタートだろうなぁ。ついでに、自民党が、おお負けして、ウリ気配が、目立たなければ、いいのに。気分は、ブルー。