ここから本文です

ニッパツ、ハンガリーとカンボジアに新工場 車用部品を生産
2015/3/3

 自動車部品メーカーのニッパツは3日、ハンガリーとカンボジアに新工場をつくると発表した。欧州で2拠点目となるハンガリーでは車用サスペンションに使うバネを12月をめどに生産を始めて日欧の自動車メーカーに供給する。カンボジアでは2016年4月にシートカバーの生産を始める。主にタイに工場を持つ日系自動車メーカーに納める。

 ハンガリー工場は20年度をめどに、サスペンションにつけるコイルばねは年350万本、同じくスタビライザは年120万本の生産能力を整える。カンボジア工場はタイの自動車シートカバーメーカーとの合弁工場となる。布や革製のシートカバーを縫い合わせる。20年度をめどに年約22億バーツ(約81億円)の売上高を目指す。