ここから本文です

10/15発表の生産動態統計を確認したところ、8月の人造黒鉛電極の生産量は前年同月比2.8%増※の9,949トン。価格は前年同月比3.9倍の117万円/トンでした。
これは昭和の「7~12月期の販売価格は昨年平均の4倍強を見込むが、まだ値上げできそう」(9/27日経産業新聞より)とのコメントと概ね合致しており、9月以降も引き続き、生産量が増えないなか、電極価格が上昇することが見込まれそうです。
※MIRUの記事4.3%増と数字が合わず、間違っていたらすみません。なんせポンコツなもので(^^)