IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

米ファイザーが新型コロナウイルスワクチンの第3相の治験で、参加者の9割超に効果があったことを公表したというニュースでメルカリやBASEとか巣籠り関連が大幅安に連れ安した感じ。まあ急騰してたので利益確定売りで調整するのは仕方ない感じ。FPD関連の売り上げが多いといっても家電、自動車、建材、化粧品・・・向けと幅広いので景気回復が一番の株価材料。なんだかんだ言ってジャスダック平均に連動して動く(値動きはジャスダック平均をもっと増幅した感じだけど)。
しばらくテレワーク特需で飛びつき買いした短期筋が抜けて調整するかもだけど、元相場も堅調で上方修正という材料は消えたわけでないのでSTOP高以前に戻るという動きにはならないのでは。
そもそもワクチン出来たテレワークやめようとか、一人一人にタブレット配って遠隔でデジタル学習やろうと準備したけどやめますという動きになるの?。
まあ1800円超えたところで売って、調整したところで買い戻せばよかったとは思いますが、インド進出ネタや電池ネタが話題になること期待しつつ気長に待つしかないかな。安定配当方針だから浜岡更改とかも考えると増配はないと思うけど競争力アップやインド進出や新規事業の種まきに使われるなら長い目で見れば評価されるはず。