ここから本文です

>>10312

光ファイバーやディスプレイなどの光学材料に使うフッ素樹脂系コーティング剤の屈折率を極限まで下げる合成技術を開発した。フッ素樹脂の含有量を増やす一方、他の材料を含めた全体の分子構成を工夫した。より精密な光学材料設計が可能となり、光通信の大容量化、テレビやスマートフォンの高輝度化などにつながる。同社はウエアラブル端末や産業用レーザーなど次世代技術を含めた幅広い分野への応用を見込み、5月からサンプル出荷に乗り出す。