ここから本文です

>>245

中間決算説明会の資料より・・・
『A1. (前略)JR-141 は、日本では現在臨床第Ⅲ相試験、ブラジルでは臨床第Ⅱ相試験を行っており、
来年 2 月頃には日本およびブラジルの試験の速報結果が出てくる予定である。今期中に急いで契約を
締結するのではなく、臨床試験の結果を踏まえ十分検討し決定したい。また、長期的・継続的に収益
を得る様な契約を目指している。』

非常に重要な見通しと方針だと思います。
安売りしないで、結果を待って、グローバルライセンス契約をする方針は良いですね。