IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

製薬会社から1000万円以上謝礼受けた医師は年間111人。ワクチン会社から謝礼を受け取っていた番組コメンテーター医師の実名
国際医療福祉大学主任教授の松本哲哉医師、東京歯科大学市川総合病院教授の寺嶋毅医師(いずれも2016~2018年度)。
今回のワクチン接種前でこの金額ということは現ワクチンに対してはこれまでの比ではない。病院を通すことなく医師個人に渡される「原稿執筆料等(講演料や新薬開発のコンサル料)という名目になったりするが、別枠で袖の下というのもある。
イベルメクチンは昨年の3月頃から注目を浴びたが、こんな利権がイベルメクチンの存在を打ち消してきた。イベルメクチンを認可し、使用していれば、今頃は経済も落ち込むことはなく、日本はもとより世界の景色も変わっていたように思う。
日本のワクチン推奨関係者は製薬会社からの数千億の金で丸め込まれ、必要の無いワクチン接種に関与しているのである。