ここから本文です

>>987

記事ありがとうございます。参考になります。

設備投資などについても解説があり、しばらく営業利益面では減価償却費に押されることがあるかもしれないこと再認識しました。もともとEBITDAに注目しているのでブレることはありませんが、きちんとした戦略によるもののようで、さらに安心いたしました。

CMP自体が技術革新で衰退するようなことにならない限り、扶桑化学工業は安泰な感じがしています。ただし、技術革新がおこる可能性がないこともないと思っています。果実酸事業も中国など中心にきちんと拡大させるとともに、第三の柱を打ち立てていくべきかと思います。

これまでの業績など見ていて、しっかりした経営陣であり従業員の皆さんだと思っています。これからも信頼して応援していきたいと思います。

頑張れ扶桑化学工業☆