ここから本文です

>>999

【クラ出願特許と、クラ製PIJ名指し使用増加】(その5)

<クラ製PIJ名指し使用の実例> ※続き

・今回は、チョット珍しいパナ出願特許の
 紹介です。

(【細胞を、インクジェット方式で
  吐出させる吐出方法】の紹介は、
  おそらく、初の投稿と思います) 
 
ーーーーーーーー

【パナ出願特許で、クラ製PIJヘッドを名指しの例】

”パナの、バイオ系の研究・開発”でも、★★★ 
 クラ製PIJが活躍しているようです。

その一例を、以下に紹介させて頂きます。

パナ出願の特許「吐出方法」に、クラ製
PIJ(インクジェットヘッド)が名指
しで使用されています。

⇒ 詳細は、下記URLを参照し、0046項 ★★★ 
 (インクジェット方式による細胞の吐出)
  の記述を一読下さい。

具体的にどんなバイオ機器に、この特許
が応用されているのかは、現在まだ不明
ですが「安定的に細胞を吐出するために ★★★
クラ製のインクジェットヘッドを使用」 ★★★
しているのは、確かなようです。

《パナ出願の特許例》

◆【技術】吐出方法
(2014年06月06日:パナ出願)
https://astamuse.com/ja/published/JP/No/2015229148

出願人 パナソニックIPマネジメント株式会社
発明者 鈴木雅登 、小林達夫 、梶間隆雄
出願日 2014年06月06日 (4年11ヶ月経過)出願番号 2014-117252
公開日 2015年12月21日 (3年04ヶ月経過)公開番号 2015-229148
状態 未査定
技術分野 流動性材料の適用方法、塗布方法

《概要》
従来の技術では、安定的に細胞を吐出する
ことができない。インクジェットヘッドを ★★★
備えた吐出装置とコラーゲンゲル溶液とを
用いて【細胞をインクジェット方式で吐出 ★★★
させる吐出方法】であって・・・     ★★★  
 以下割愛。

《詳細説明》

0046項
(インクジェット方式による細胞の吐出)★★★

ピエゾ駆動によるインクジェットヘッド
(クラスターテクノロジー社より入手、 ★★★
 ヘッドのノズル直径:40μm )に ★★★
~ ~
ーーーーーーーー

※(その6)に続く。