IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

【AFP=時事】中国北東部・吉林省吉林市は、新型コロナウイルスの集団感染(クラスター)が発生したことを受け、市の境界を一部閉鎖し、交通機関を遮断した。同国ではこうした事態を受け、流行の第2波への懸念が高まっている。

 400万人超の人口を抱える吉林市は13日、バスの運行を停止。また、過去48時間以内に新型コロナウイルス感染症の検査において陰性で、期間は明示されていないものの「厳格な自主隔離」を完了した場合にのみ、住民が市外へ移動することを認めると発表した。

 さらに、市内にあるすべての映画館や屋内ジム、インターネットカフェといった屋内の娯楽施設などは即座に閉鎖し、薬局は解熱薬や抗ウイルス薬の販売について全て報告しなければならないとした。

 集団感染は、郊外の舒蘭市で先週末にかけて発生したことが確認されている。吉林市の副市長は13日、状況が「非常に深刻で複雑」だとし、「さらなる感染拡大の重大なリスクがある」と指摘した。

 舒蘭市は10日、公共交通機関や市外へと向かう列車を停止させている。 【翻訳編集】AFPBB News