IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

根っからの農耕民族ですよ。音声認識と言う土地に根を張り、IoT村の人口が増える、インバウンド地区に沢山人が集まると言って開墾に余念がない。新卒採用と言う子育ても熱心。私も株主ですから、収穫を少しは分けて欲しいと思いますよ。でも、収穫以上のお金を開墾に使ってしまう。
この方針は、農業技術一筋の鈴木村長の意向というより、最近入ってきたウィズと言う農業経営の専門家の意向が強く働いていると見ます。
10年ほど前にフュートレック一族と言う狩猟民族が村の近くに入って来ました。近隣のNICT国とdocomo国にうまく取り入って。ジンギスカンのような族長藤木が流れ弾に当たったとか。次は定住志向の強いリーダーが一族を率いることになるでしょうが、その結果は皆目予想がつかない。
過去数年の方針が正しかったとすればこれからが本格的な収穫期。収穫の一部を開墾に使う普通の会社にもうすぐなると期待するしかありませんな。