ここから本文です

0年先を考えれば、団塊世代の高齢化による免許書の返納。そこから来る地方の交通過疎。

ここは自前で機器の製造をするため、石井工作を買収し、現状の位置サービスとIP無線は進化し、地方の未来交通網を円滑にする企業と見込んでいます。

①少子高齢化をテーマとした政策銘柄。
②人気がなく、時価総額が80億円程度。
③上場直後から相場らしい相場がない。
④来る未来に向けての技術(社長が技術屋)のあるオンリーワン企業。
⑤IoT関連・半導体関連とハイテクでの可能性。
⑥現状ストックビジネスとフロービジネスがしっかりしていて、経営が安定している。
⑦利益水準が低いので、今後政策に乗ったビジネスを進める流れになれば変化率が大きい。
⑧円高の影響が少ない。
⑨大株主と主要取引先にタクシー会社が居ることで、現実的なライドシェア事業の開発が可能。
⑩社長自身が大株主であり、機器などの開発を自身で担っている。

3~4年保有予定で420円から買い下がっていますが、今は私も結構な含み損。別の銘柄で大きく利益を出したので、明日の後場寄り15万株の損だしクロスをする予定です。

「一緒に空売りをしましょう」と言っている人が居るので、がんばって安くして欲しいですね。長期保有を決めて数倍の株価を狙う立場としては、一時的な安値はありがたいですから。