ここから本文です

>>719

レスをするのは、これで最期にするが、
1.大前提として、わしは100円単位で議論しておる。
2.わしは、「底値」と「底割れ」との存在を前提に議論しておる。
以上、1と2とを前提に論じるゆえ、
以前の1500円底値説、2100円底値説の存在は、
この2つの底値説が正しかったことは、その後の株価が実証した。
1500円割れ、2100円割れで購入すれば、
底割れ価格で購入できた。
1と2を前提とするゆえ、
仮説である1800円底値説においては、
1800円を底値、1800円割れを底割れと
1800円を底値、1800円割れを底割れとすることとしておる。
1800円底値説の次段階は、
100円単位ゆえ、
1700円底値説、となるわけだが、
この2ヶ月間では1700円割れは、この3日間を除けば、
2日間のみ。
ゆえに、今までは1800円底値説を論じておったが、
この3日間で1800円割れが生じるおるゆえ、
>>703で記せしとおり、
「1800円底値説、崩壊、か」と、
「か」を付けて、疑義を記せし如しな~り。
以上、
わしの用語における定義においては、
「底値」と「底割れ」との前提に議論しておることは、
過去において記せし如し、な~り~。
株式投資においては、過去に記せし如く、
「底値」は結果論であり、底値で購入することは不可能ゆえ、
「底割れ」を前提の「底値」を論じておるいうこと、な~り~。