ここから本文です

儂が注目した2016年から大分登り詰めたのう。こうしてBARで好きな煙とブランデーに酔えるのも、ここと任天堂さんのお陰じゃ。
久々に読むと小バエの様な輩もおるが良しとしよう。今では様々なファンドにも組み込まれているのじゃろう。その分景気には敏感じゃ。