ここから本文です

>>803

ただ、自社株の枠についてはかなりネガティブでしたね。

追加の設定については、振り返ってみると、ほとんど好材料視されず、売り方につけ込まれる結果になりました。

真意はもしかすると、オフィスへのメッセージと、外部要因で売り込まれた際の対策だったのかも知れませんが、沈黙期間を見事に悪材料視されただけでした。

今期も恐らく配当性向4割ではなく、自社株と合わせてにしてくると思いますが、また信頼されずに悪材料視される可能性も高いので、やるのであれば勝手沈黙期間に買いを入れることでメッセージになるとは思います。

ソフトバンク方式で自社株買わないと、ジレンマは抜け出せませんが、そこまではさすがに出来ないと思うので、自社株買いのIRとしては難易度高いと思います。
増配が極めてシンプルでわかりやすいと思うんですけどねー