ここから本文です

短信では単純に前年の1-3月期の実績を、今第3四半期までの数字に足した形の通期決算予想に置いてある堅実な27/3決算着地予想(従来と不変)なので、きっと増額修正してくると考えます。でなければ1-3月の実績が相当減速する前提で、現在までの実績を勘案すればかなり無理な数字です。相変わらず固い会社ですね。出来れば来期の増産計画の概容を早く開示して欲しいと思います。