ここから本文です

   5G基地局工事の出番を待つ 

5Gはミリ波など高周波数帯域を使うが、4Gの時より直進性が増す。
したがって障害物を回り込むようなことが難しくなり、その分だけ
小規模基地局の数が増えることになる。

これは通信工事会社にとって、収益機会の拡大を意味することになる。  

今後、日本のデータ流通の伸びは先進国の中で群を抜く見通しで、積極的
な通信投資は待ったなしだ。

鉄塔を利用した、投資負担を軽減する、5G基地局の整備が主流になる。

E T Sホールディングスの出番だ ❕❕