ここから本文です

せっかくの資産がさくらの運用だと低迷で終わると多くの株主は考えていると思う。これまでの実績がそうだから。現在のリート好調でもさくらは低迷だった。アジアの買収提案でようやく上がった。でもまだまだ低迷価格。

当初予想より分配金の下がることが多いのもさくら。一期前に最初より見込みを下げ最後に上がったように見せかける。だから株価は上がらない。

スターアジアはさくらの株主に損をさせるとさくらは株主を脅している。がさくらの株主は今後スターアジア の株主となる。将来の株主に冷や飯を食わせるようなバカな行為はスターアジアはしないであろう。株主に損をさせないこと最優先の抜け目ないファンドなので。

物件買いますとわざわざ決算月変えておいて「買えませんでした、こちらのミス。でもその高価な費用は株主持ちね」と非常識きまわりないのはさくら。そのひどいやり方にさくらの株主が不満を持っているのもスターアジアは把握していると思う。

ちょっとびっくり手法でも株価を上げていくのがスターアジア。それを楽しみにあちらも持っている。運用成績が悪く株主思いの行動をしてきていないさくらがスターアジアに変わるのは大歓迎。

同じ住所の家族の複数運用報告書が別の日に届く変な会社もさくら。物件のある地域で地震があっても、影響を株主にホームページで報告しない唯一のリートもさくら。どちらがまともかと聞かれれば即座にスターアジアと答える。