ここから本文です

米政府は、大暴落準備もし始めた。米財務省は、2008年の金融危機時に政府が公的資金で救済した米連邦住宅抵当公社(ファニーメイ)と連邦住宅貸付抵当公社(フレディマック)の民営化を進め、次回暴落時は救済しない模様。

トランプ支持者は、反ウォール街であるので、ウォール街の救済はしない。ゴールドマン・サックスのパートナーの多くが退職するという。もう、投資会社の人達は、PKOをしても大暴落が起きることに気が付いて、早期に退職するようである。

レイ・ダリオ氏も2019年確率25%、2020年には40%の確率でリセッションになるという。この3年内にはリセッションが起きるとしている。株価が過去最高レベルにあるバブル状況では、大暴落が起きる可能性が高いことになる。
・・・という情報もあり。

信じる信じないかはあなた次第・・・。

  • >>973

    信じるわ〜〜

    >米政府は、大暴落準備もし始めた。米財務省は、2008年の金融危機時に政府が公的資金で救済した米連邦住宅抵当公社(ファニーメイ)と連邦住宅貸付抵当公社(フレディマック)の民営化を進め、次回暴落時は救済しない模様。
    >
    >トランプ支持者は、反ウォール街であるので、ウォール街の救済はしない。ゴールドマン・サックスのパートナーの多くが退職するという。もう、投資会社の人達は、PKOをしても大暴落が起きることに気が付いて、早期に退職するようである。
    >
    >レイ・ダリオ氏も2019年確率25%、2020年には40%の確率でリセッションになるという。この3年内にはリセッションが起きるとしている。株価が過去最高レベルにあるバブル状況では、大暴落が起きる可能性が高いことになる。
    >・・・という情報もあり。
    >
    >信じる信じないかはあなた次第・・・。