ここから本文です

>>352

パリバだけにあるかもしれない。


ドイツ銀とBNP、18兆円規模の事業取引に顧客離れという誤算


ドイツ銀行が歴史的な事業縮小の一環としてヘッジファンド向けプライムサービス事業から撤退し、フランスのBNPパリバが業務を引き継ぐと発表された時、BNPは機会をうまく捉えたと見られた。だが、現実はそれほど簡単ではない。

  事情に詳しい関係者によると、2行はドイツ銀のプライムサービス事業に関連した1500億ユーロ(約18兆2200億円)のバランスシートとテクノロジーの移管方法を話し合っている。数百人の行員も移管対象に含まれる可能性がある。だが2行が詳細を詰めている間にドイツ銀の顧客は1日当たり10億ドル前後の資金を引き出し、他行へと移しているため、両行には早急に取引を完了させる圧力がかかっている。関係者は協議が公になっていないとして匿名を条件に語った。


  顧客離れが進むなど事態は複雑で、両行がまとめる最終的な取引の形態は依然不明だ。関係者によると、BNP幹部は米国のヘッジファンド顧客と今週会談し、サービスの利用継続を促す。先週には欧州のファンド相手に同様の会合を開いたという。