ここから本文です

証券会社は今回の公募増資の失敗を分析し、今後に生かす事が出来なければ先は無い、自分たちはしっかり大儲けできたので、これで良しなんて思っている役員が居たなら大問題です(おそらく相当数いる)
証券会社が顧客の資産形成の手助けにならないようでは、高い手数料取っている意味は無い(全て勝てるはずも無く、トータルでプラスを目指す)
かんぽの公募が失敗した事が問題ではない、そういう事もある
だが、自社株買いは受け渡し前、証券会社はいち早く空売りヘッジ手当て済み、一般は売り禁、これは不公平です
受け渡し前に公募価格割れた事が大問題ではないです
こんなに大きい公募増資だと、営業マンへの上司からのプレッシャーは相当です
それを踏まえて話を聞き、YES・NOをはっきり示しましょう