ここから本文です
現在位置:
日本航空(株) - 株価チャート

3,350

-25(-0.74%)
  • 前日終値
    3,375(10/18)
  • 始値
    3,385(09:00)
  • 高値
    3,390(09:00)
  • 安値
    3,349(14:59)
  • 強く買いたい
  • 345(最新)

    okk***** 10月22日 00:43

    再度の倒産も平気の平左で実施しますよ、ここはねえ。何しろタルムード獣ユダヤの標榜する『ONE WORLD』ですからなあ!ここねえ。

  • 呆れて、ものがやっと言える。
    日本抵抗空。
    間違えた。
    日本低航空。
    ここは現物でドカーンと買ってくれる、お金持ちさんとは縁のない会社のようだ。

  • >>335

    7営業日連続高したとは到底思えないこの株価ねえ。しかしその連続高を理由に、ハイ、十八番の下げ!お見事。

  • 流石に7営業日連続高は無理かな(・_・;)

    しかし、強い印象を全く受けないショボい上げ方。一気に2%くらい動いて欲しいな。

  • ああ、すまん。
    今日は来客が多くて。
    判りづらいな
    って言うと馬鹿呼ばわりされるからな
    文才ないな
    とだけ言っとこう

  • バカが勘違いするので書き直す。



    今年の『なんちゃらホールディングス』のトラブル・事件・事故一覧。

    これがもしJALだったら・・・・・、国交省とマスコミが総出で、JALのバッシングだろうな


    1/3 機長から酒気 乗務前検査 前日飲酒、5便に遅れ

    1/7 羽田発大分行き 791便エアバスA321が5日、離陸中に鳥とぶつかりエンジンの一部が破損したが目的地まで運行した。

    1/8 飲酒の機長、虚偽申告…口裏合わせ依頼

    1/10 CA体調悪化で緊急宣言、着陸後に死亡
    ロサンゼルス発羽田行きが新千歳空港の東南東約980キロを飛行中、女性客室乗務員(CA)が、頭痛による体調不良を訴え容体が悪化。一旦は千歳空港に向かい高度を下げたものの、何故か羽田空港に向かい、同機は羽田空港で、緊急事態を宣言し、午前4時40分ごろ、羽田空港に着陸し病院に救急搬送されたが、死亡が確認された。

    1/17 羽田発伊丹行985便が大阪伊丹空港に着陸後、両エンジンが停止し走行不能。この影響でB滑走路が閉鎖

    2/1 業務改善勧告 国交省、飲酒対策見直し求める

    2/1 国交省から飲酒対策の業務改善勧告を受けた日に、副操縦士、規定超過飲酒申告せず乗務前の検査で0.25mgのアルコールを検出しパイロット変更

    2/4 商事部長が2900万円横領。2012年3月~18年12月、手書きの領収書を改ざんして金額を増やしたり、アプリを使って偽造したりした。

    2/12 新千歳発稚内行きの稚内空港周辺を飛行中に左主翼の防氷装置の不具合、新千歳空港に引き返し計4便が欠航。

    2/19 羽田発那覇行き477便飛行中に、左右の主脚の位置を示すセンサーに不具合の表示が出たため、羽田空港に緊急着陸

    2/22 副操縦士からまたアルコールが検出されていたことを発表。19日午前6時すぎ、神戸から羽田行きの便に乗務する予定だった副操縦士から、乗務前の検査でアルコールが検出された。副操縦士は乗務当日の19日午前1時頃まで飲んでいた。 パイロットの飲酒問題が相次ぎ、滞在先では、乗務まで24時間を切ってからは飲酒を禁止するなどの新たな対策を先月発表したばかりだった。

    3/16 副操縦士が基準の6.6倍のアルコール検出で交代

    3/22 成田空港でプッシュバック中に他社機にぶつかけ損傷

    3/28 9時半頃 中国で離陸直前の機材故障、長時間待たされた中国人乗客に1人1000元の補償金
    民航資源網の記事は「大部分の中国人乗客がロビーで待機する中、日本人客は午後の羽田行きの便に振り替えた可能性がある。しかし、中国人観光客は振り替えの通知は受け取っていなかった」と伝えている。
    そして新しい出発時刻が29日午前1時5分の予定であることだったという。

    4/14 伊丹発秋田行きの1651便が飛行中、操縦席の窓ガラスにひびが入り、中部国際空港に着陸。乗客9名にけが人無し

    4/18 熊本空港、滑走路が一時閉鎖 着陸直後に油漏れ、油圧系統の故障で滑走路上に約30分間止まった。乗客乗員188人にけがはなかった。滑走路は約1時間10分にわたって閉鎖され、後続の離発着便に遅れや欠航が相次ぐ

    5/1 令和元年初日にまたトラブル 羽田発熊本行きの649便が名古屋市の上空を飛行中に、エンジンの振動が異常値を示したため目的地を変更し、愛知県の中部空港に着陸。乗客の多くは中部空港で一夜を過ごし、けさ、9時半ごろ別の便で熊本空港に到着しました。

    5/4 大阪発青森行きの1851便が京都府八幡市付近の上空を飛行中、客室の気圧を一定に保つ与圧系統に不具合を示す表示が出たため、大阪空港に引き返した。

    5/25 武井壮 飛行機トラブルで大阪の生放送に残り7分で到着。羽田発伊丹便では6時25分出発予定便が、使用する飛行機の整備のための欠航した。

    5/25 現代ビジネスが、「ホノルル線はロードファクター(座席利用率)が90%を超えています。」と報道。 史上最大のGWでも80%そこそこだったのに、なぜ年間のLFが90%超えるのか?と話題に。

    6/1 那覇空港で、乗客が搭乗中の中部国際空港行き308便(ボーイング767―300型機)の機体尾部にある補助動力装置(APU)が破損し、部品が誘導路に散乱した。乗客乗員79人にけがはなかった。回収作業のため誘導路は約40分閉鎖された。同便が欠航したほか、同空港を発着する計13便が最大約50分遅れた。

    6/5 国土交通省は5日未明、米サンノゼを離陸し成田空港に向かっていた171便ボーイング787が1日午後2時ごろ、二つある空調系統が相次いで不具合となり、緊急事態宣言を出し、高度約1万3千メートルから約3千メートルまで降下していたと発表した。
    トラブルは1日午後に発生したていたが5日未明に国交省から発表され航空会社は公表していなかった。

    6/18 主翼15センチ剥離=欠航
    17日仙台-名古屋など7区間を運航し、新千歳に到着。到着後点検で剥離は確認されなかったが、不思議なことに18日朝の飛行前点検でパネルの一部がめくれ上がるイリュージョンが発生していた。

    6/29 札幌発広島行き127便 B737 高度計不具合。 広島空港の近くから天気の良い中部国際空港に目的地変更

    6/30 大阪発札幌行き773便 B737 札幌行き、大阪へ引き返す 速度計に不具合

    7/11 香港発中部空港行きのB737が緊急着陸。直前に同機から「ナンバーワンエンジン(左翼エンジン)が停止したので緊急着陸したい」と連絡。乗客乗員53人にけがはなかった。福岡空港は滑走路が一時閉鎖。

    7/17 30便 伊丹発羽田行きで、飛行中にエンジン1基が停止するトラブル。この便は、緊急事態宣言をして羽田空港に着陸。

    8/15 羽田発北京行き 機体が大きく動き乗客がケガ。 
    しかし8/19に骨折が判明し報道は4日後。 乗客乗員4名が重軽傷。

    8/29 ところが羽田発北京行き事故で、また骨折がわかり重傷者が2名であることが半月もたって判明。

    8/26 羽田発シカゴ行き10時40分発 112便 離陸上昇中に、第1エンジンで不具合。太平洋上で燃料投棄を2時間30分にわたり行い、目的地を成田空港に変更午後1時47分 無事に成田空港に着陸。

    8/30 新千歳発羽田行きの52便に鳥がぶつかり緊急停止

    9/9 羽田発宮古行き87便 離陸直後にスポイラーに不具合が発生。同便は目的地を那覇空港に変更して、そのまま運航午後3時22分緊急着陸

    9/26 伊丹空港でS*C乗客がナイフを持ち込む。 保安検査員が航空会社に通報するも検査場の閉鎖はその2時間後。

    9/26 ウイーン発成田行き 206 B787エンジン不具合で、ロシアに緊急着陸

    9/28 シアトル発成田行き 177 B787の与圧装置不具合で、シアトルに引き返し

    10/2 これはええねんS*C会員の足取り判明する。 

    9/26
    6時50分頃 プレミアム保安検査場でナイフが見つかるも、「これはええねん」とナイフ返却させる。
    7時05分  請負の警備会社が航空会社に連絡。
    7時10分頃 A*Aラウンジの乗客の捜索開始。
    7時15分頃 刃物所持者 7時30分発 14便に搭乗。 
          保安員の記憶から14便の刃物所持乗客を捜査
          しかし20分程度の捜査で発見できず
    7時40分頃  航空会社が大阪府警に連絡。
    7時55分   25分遅れで、刃物を所持した乗客を乗せた14便 伊丹空港発。
    8時00分頃  後続の18便の乗客も捜索
    8時47分   これはええねん男見つからず、18便も出発
    (それもそのはず、全*空が捜索した14便で既に凶器を持ったまま男は空の上)

    9時3分   14便 羽田空港着。

    9時30頃   伊丹空港南ターミナル閉鎖
    9時35分   伊丹空港で全乗客の再検査
                
    10時頃   刃物を所持したS*C会員が855便に搭乗
    10時23分 刃物を所持したまま羽田発ジャカルタ行き出発

    12時00頃 2時間半の閉鎖後、ナイフが見つからず伊丹空港再開


    10/16 午後9時35分ごろ、羽田発関西行きが羽田空港に緊急着陸した。エンジントラブルが原因とみられ、離陸直後に引き返した。乗客乗員約100人に、けが人の情報はない。滑走路上でエンジンを停止した。


    何度も言うが、すべて『なんちゃらホールディングス』の今年のものだからね。

  • >>329

    そんなの当たり前だ。

    JALだったら、って過程の話し。


    別の航空会社だったから、さらーっと終わっちゃったけどね。

  • >>323

    全日空の客はサクララウンジは使えんよ。
    もう春頃から日航に乗っていないが、万年サファイヤJGCの立場で言わせて貰えば、ラウンジの使い方を知らんのだろう。

    当該悪客について「(日航のラウンジである)サクララウンジの中を探した」とあるが、全日空のゲートコントロールを受けた客が、サクララウンジを使うことは100パーセント有り得ない。
    あ、刃物持って乱入すれば可能か。

  • 強い印象受けないショボい上げ方だけど、6営業日連続高!今週は1日も下げなかった☺

    まあ9月の権利落ちを挟んで2日で200円くらい下げたみたいに、来週、1営業日で帳消しくらい下げたりしそうで心配だけど。

    まあよく頑張った!

  • >>310

    > あんまりニュースにすらならないマイナス記事をよく紹介するのに、ANAのバードストライクの記事には無関心ですかそうですか。
    >
    > 結局JAL批判をしたいだけなんだな。



    今年のトラブル・事件・事故
    これがもしJALだったら・・・・・
    マスコミと国土交通省が総出で、JALのバッシングだろうな


    1/3 機長から酒気 乗務前検査 前日飲酒、5便に遅れ

    1/7 羽田発大分行き 791便エアバスA321が5日、離陸中に鳥とぶつかりエンジンの一部が破損したが目的地まで運行した。

    1/8 飲酒の機長、虚偽申告…口裏合わせ依頼

    1/10 CA体調悪化で緊急宣言、着陸後に死亡
    ロサンゼルス発羽田行きが新千歳空港の東南東約980キロを飛行中、女性客室乗務員(CA)が、頭痛による体調不良を訴え容体が悪化。一旦は千歳空港に向かい高度を下げたものの、何故か羽田空港に向かい、同機は羽田空港で、緊急事態を宣言し、午前4時40分ごろ、羽田空港に着陸し病院に救急搬送されたが、死亡が確認された。

    1/17 羽田発伊丹行985便が大阪伊丹空港に着陸後、両エンジンが停止し走行不能。この影響でB滑走路が閉鎖

    2/1 業務改善勧告 国交省、飲酒対策見直し求める

    2/1 国交省から飲酒対策の業務改善勧告を受けた日に、副操縦士、規定超過飲酒申告せず乗務前の検査で0.25mgのアルコールを検出しパイロット変更

    2/4 商事部長が2900万円横領。2012年3月~18年12月、手書きの領収書を改ざんして金額を増やしたり、アプリを使って偽造したりした。

    2/12 新千歳発稚内行きの稚内空港周辺を飛行中に左主翼の防氷装置の不具合、新千歳空港に引き返し計4便が欠航。

    2/19 羽田発那覇行き477便飛行中に、左右の主脚の位置を示すセンサーに不具合の表示が出たため、羽田空港に緊急着陸

    2/22 副操縦士からまたアルコールが検出されていたことを発表。19日午前6時すぎ、神戸から羽田行きの便に乗務する予定だった副操縦士から、乗務前の検査でアルコールが検出された。副操縦士は乗務当日の19日午前1時頃まで飲んでいた。 パイロットの飲酒問題が相次ぎ、滞在先では、乗務まで24時間を切ってからは飲酒を禁止するなどの新たな対策を先月発表したばかりだった。

    3/16 副操縦士が基準の6.6倍のアルコール検出で交代

    3/22 成田空港でプッシュバック中に他社機にぶつかけ損傷

    3/28 9時半頃 中国で離陸直前の機材故障、長時間待たされた中国人乗客に1人1000元の補償金
    民航資源網の記事は「大部分の中国人乗客がロビーで待機する中、日本人客は午後の羽田行きの便に振り替えた可能性がある。しかし、中国人観光客は振り替えの通知は受け取っていなかった」と伝えている。
    そして新しい出発時刻が29日午前1時5分の予定であることだったという。

    4/14 伊丹発秋田行きの1651便が飛行中、操縦席の窓ガラスにひびが入り、中部国際空港に着陸。乗客9名にけが人無し

    4/18 熊本空港、滑走路が一時閉鎖 着陸直後に油漏れ、油圧系統の故障で滑走路上に約30分間止まった。乗客乗員188人にけがはなかった。滑走路は約1時間10分にわたって閉鎖され、後続の離発着便に遅れや欠航が相次ぐ

    5/1 令和元年初日にまたトラブル 羽田発熊本行きの649便が名古屋市の上空を飛行中に、エンジンの振動が異常値を示したため目的地を変更し、愛知県の中部空港に着陸。乗客の多くは中部空港で一夜を過ごし、けさ、9時半ごろ別の便で熊本空港に到着しました。

    5/4 大阪発青森行きの1851便が京都府八幡市付近の上空を飛行中、客室の気圧を一定に保つ与圧系統に不具合を示す表示が出たため、大阪空港に引き返した。

    5/25 武井壮 飛行機トラブルで大阪の生放送に残り7分で到着。羽田発伊丹便では6時25分出発予定便が、使用する飛行機の整備のための欠航した。

    5/25 現代ビジネスが、「ホノルル線はロードファクター(座席利用率)が90%を超えています。」と報道。 史上最大のGWでも80%そこそこだったのに、なぜ年間のLFが90%超えるのか?と話題に。

    6/1 那覇空港で、乗客が搭乗中の中部国際空港行き308便(ボーイング767―300型機)の機体尾部にある補助動力装置(APU)が破損し、部品が誘導路に散乱した。乗客乗員79人にけがはなかった。回収作業のため誘導路は約40分閉鎖された。同便が欠航したほか、同空港を発着する計13便が最大約50分遅れた。

    6/5 国土交通省は5日未明、米サンノゼを離陸し成田空港に向かっていた171便ボーイング787が1日午後2時ごろ、二つある空調系統が相次いで不具合となり、緊急事態宣言を出し、高度約1万3千メートルから約3千メートルまで降下していたと発表した。
    トラブルは1日午後に発生したていたが5日未明に国交省から発表され航空会社は公表していなかった。

    6/18 主翼15センチ剥離=欠航 17日仙台-名古屋など7区間を運航し、新千歳に到着。到着後点検で剥離は確認されなかったが、不思議なことに18日朝の飛行前点検でパネルの一部がめくれ上がるイリュージョンが発生していた。

    6/29 札幌発広島行き127便 B737 高度計不具合。 広島空港の近くから天気の良い中部国際空港に目的地変更

    6/30 大阪発札幌行き773便 B737 札幌行き、大阪へ引き返す 速度計に不具合

    7/11 香港発中部空港行きのB737が緊急着陸。直前に同機から「ナンバーワンエンジン(左翼エンジン)が停止したので緊急着陸したい」と連絡。乗客乗員53人にけがはなかった。福岡空港は滑走路が一時閉鎖。

    7/17 30便 伊丹発羽田行きで、飛行中にエンジン1基が停止するトラブル。この便は、緊急事態宣言をして羽田空港に着陸。

    8/15 羽田発北京行き 機体が大きく動き乗客がケガ。 
    しかし8/19に骨折が判明し報道は4日後。 乗客乗員4名が重軽傷。

    8/29 ところが羽田発北京行き事故で、重傷者が2名であることを半月もたって判明

    8/26 羽田発シカゴ行き10時40分発 112便 離陸上昇中に、第1エンジンで不具合。太平洋上で燃料投棄を2時間30分にわたり行い、目的地を成田空港に変更午後1時47分 無事に成田空港に着陸。

    8/30 新千歳発羽田行きの52便に鳥がぶつかり緊急停止

    9/9 羽田発宮古行き87便 離陸直後にスポイラーに不具合が発生。同便は目的地を那覇空港に変更して、そのまま運航午後3時22分緊急着陸

    9/26 伊丹空港でJGC乗客がナイフを持ち込む。 保安検査員が航空会社に通報するも検査場の閉鎖はその2時間後。

    9/26 ウイーン発成田行き 206 B787エンジン不具合で、ロシアに緊急着陸

    9/28 シアトル発成田行き 177 B787の与圧装置不具合で、シアトルに引き返し

    10/2 これはええねんJGC会員の足取り判明する。 

    9/26 6時50分頃 プレミアム保安検査場でナイフが見つかるも、「これはええねん」とナイフ返却させる。
    7時05分  請負の警備会社が航空会社に連絡。
    7時10分頃 サクララウンジの乗客の捜索開始。
    7時15分頃 刃物所持者 7時30分発 14便に搭乗。 
          保安員の記憶から14便の刃物所持乗客を捜査
          しかし20分程度の捜査で発見できず
    7時40分頃  航空会社が大阪府警に連絡。
    7時55分   25分遅れで、刃物を所持した乗客を乗せた14便 伊丹空港発。
    8時00分頃  後続の18便の乗客も捜索
    8時47分   これはええねん男見つからず、18便も出発
          (それもそのはず、既に凶器を持った男は空の上)
    9時3分   14便 羽田空港着。
    9時30頃   伊丹空港南ターミナル閉鎖
    9時35分   伊丹空港で全乗客の再検査
                
    10時頃   刃物を所持したJGC会員が855便に搭乗
    10時23分 刃物を所持したまま羽田発ジャカルタ行き出発

    12時00頃 2時間半の閉鎖後、ナイフが見つからず伊丹空港再開

    10/16 午後9時35分ごろ、羽田発関西行きが羽田空港に緊急着陸した。エンジントラブルが原因とみられ、離陸直後に引き返した。乗客乗員約100人に、けが人の情報はない。滑走路上でエンジンを停止した。

読み込みエラーが発生しました

再読み込み