ここから本文です

夏の第一四半期は実証段階のTUTAYA効果も感じられそうにないしBeLXさんが出店余地あって早そうですね。まだまだ保険販売とソリューション頼みであることは変わらないでしょうね。増えては減っての繰り返し、決算数字を期待することはないね。

時々見え隠れするシステム分野の成長こそ楽しみであり投資先と思います。