ここから本文です

ロコンドJP全体は+45%で、データシートの取扱高26億+28%はロココレ除いた分なんだろうな。
差し引き、ロココレは2ヶ月で3億、少し物足りないがこんなもんだとも思う。

既存ロコンドJPはCM2年目でCM前の伸び率に戻っている中、CM広告費を前年から5億円削るのは賢明な判断だ。
取扱高の再加速に向けて次なるM &Aの展開が待たれる。

結果的に、株価は先に取扱高の下落を織り込んで839円をつけている。
加えて、プラットフォーム事業が9.4億+73%で4Q+27%から大幅に伸び全体の取扱高は+58%となった。
BOEMも継続案件になっているのはポジティブサプライズだと思う。