IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

(10時55分、コード4477)電子商取引(EC)サイト制作のBASEが急落している。一時、前日比1440円(11.1%)安の1万1560円をつけた。市場からは「BASEに限らないがマザーズ銘柄の過熱感は強く、決算発表を前に個人投資家が利益確定売りを強めている」(国内証券)との声があった。BASE株は東証の全市場で売買代金5位となっている。

信用取引の買い残を売り残で割った信用倍率は10月16日時点で約48倍と、信用買い残は高水準で積み上がっている。前日も7%安で、市場では「信用取引の追い証(追加担保の差し入れ義務)が発生している可能性は高く、目先はもう少し調整するのではないか」(同)との指摘があった。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕