ここから本文です
927

goikenban 強く買いたい 8月20日 07:03

技術系、成長期待追い風
直近3年の手元資金増加額
日本経済新聞 朝刊 NEXT1000 (10ページ)
2019/8/20 2:00
 日本経済のけん引役と期待される中堅上場企業「NEXT1000」を対象に、直近3年で正味の手元資金(ネットキャッシュ)を増やした額が大きい企業をランキングしたところ、上位には自動運転関連のソフトウエアなど技術系企業が目立った。本業で着実にキャッシュを稼ぐほか、成長期待を背景に市場で多くの資金を調達している。1位は昨年10月掲載の「営業利益増加額」でも首位のM&Aキャピタルパートナーズ。

8位 オロ
クラウドで収益「見える化」
日本経済新聞 朝刊 NEXT1000 (10ページ)
2019/8/20 2:00
 オロは中小企業に統合基幹業務システム(ERP)を提供する。クラウド型のシステムのため、導入コストが抑えやすく、スマートフォンやタブレットからも利用できるのが強みだ。働き方改革を追い風に導入する企業が増えている。

 主力商品はIT(情報技術)やコンサルティングなどの業種に特化したシステム。受注した案件ごとに収益を「見える化」できるのが特徴。導入企業数は毎年約90社のペースで増えており、直近では600社を超える。2019年12月期の連結純利益は前期比9%増の9億700万円と過去最高を更新する見通し。

 今後は海外展開を加速する計画で、システムの多言語対応などを進めている。積み上がった現預金は「海外拠点の整備に使う」(川田篤社長)という。

オロはこれからです。堅実な企業。