ここから本文です

>>371

確かに1ヶ月もしないうちに切り返しましたね。

それだけ、市場がこの企業の業績が収入が課金システム主体の確実に確保できる安定した事業と種々の将来を見据えた積極的な事業拡大を進めていることが評価されていると思われます。実際、利益が急増しています。

いよいよ12月に入りました。
新春の四季報の内容も気になりますが、今月の第三四半期決算も大いに楽しみです。最終利益は前年比約5倍はここの会社が予想として公表されていますが、それ以上の上方修正の可能性もあるかもしれませんよ。笑