ここから本文です

ドジャース 前田 都内での自主トレーニング公開
NHK NEWS WEB
2020年1月17日 17時21分

大リーグ、ドジャースの前田健太投手が、都内で行っている自主トレーニングを公開し、「好不調の波をなくして1年間先発ローテーションを守りたい」と意気込みを話しました。
大リーグ4年目の昨シーズン、前田投手は先発としてだけでなく、中継ぎとしてもチームの地区優勝に貢献し、10勝8敗3セーブの成績をマークしました。

17日は都内の施設で行っている自主トレーニングの様子を公開し、軽めのキャッチボールで体をほぐしたあと、このオフに特に力を入れている、最新の機器を使った練習に取り組みました。

この中で、筋肉の動きをサポートする機器は、理想的な体の動かしかたを身につけるために役立つということで、前田投手はでん部につけて、スクワットやジャンプなどを繰り返して、精力的に体を動かしていました。

前田投手は「好不調の波をなくすためにデータも活用しながらトレーニングをしている。完璧な仕上がりです。今シーズンは、1年間先発ローテーションを守りたい」と意気込みを話しました。

また、同級生の秋山翔吾選手が西武から大リーグのレッズに移籍が決まったことについて、「対戦できるのがとても楽しみですが、打たれたら怒ります」と冗談を交えながら話し、「僕の投げるコースやボールにどういう印象を受けたか聞いてみたい」と対戦を心待ちにしていました。