ここから本文です

本日の日経朝刊19面、揺れる監査法人、ソフトバンク、買収で
「のれん」膨張、将来性の目利き力必要に

>SBG経理統括の君和田常務執行役員は「会計士は過去のこと
を見るのは得意だが、将来の見積もりは不得意」と指摘する。
担当企業側(SBG)から投げられたボールをどう受け止めるの
か。監査法人が抱える課題は大きい。<

トーマツ幹部に曰く「日本、いや世界で最も複雑な財務諸表かも
知れない」この財務諸表を預かるのが君和田和子女史である。

決算説明会等々では二列目に座り目立たないが「のれん」を考え
る際には将来性の目利き力が必要との言葉には切れがある。