ここから本文です

沖縄の本当のワル、基地利権保守が未だに跋扈しているようですね。

彼らは基地を存続させる代わりに、条件闘争で本土からカネを引き出す手法を使い、大蔵省の官僚から、沖縄はカネでどうにでもなると長年蔑まれ呆れられていた時代遅れの連中です。

元知事の仲井真とかいう変節漢が、有史以来の予算です。有史以来の税制。有史以来というのは少しアレかもしれない。それでも、それぐらいの気持ちで、
これはいい正月になるな、といいました。

決まった時は、驚くべき立派な内容と褒めちぎった事がその格好の例ですので。
そしてその2日後には埋め立てを承認したのです。

結局、この基地利権保守のために沖縄のイメージは悪化し続けてきたわけで、基地が経済の阻害要因でしかなくなった今は、消えてもらわなければいけません。

そう、泡のようにとっとと失せろという事です。