IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

20gでケチって10万で売って儲けようという当時の日本政府のせいで偽造がはやって30gにしたとき、
なぜそれに交換しなかったのか当時のワシは若かったのでアホだったとしか言いようがない。50過ぎのワシは当時まだまだ若かった。携帯もネットもない暗黒時代。
手元の10万円金貨を見ると若気の至りで一生消えない傷を心身ともに受けたあの頃を思い出す。意味のない1万円銀貨も結構残っている。こちらは郵便局に入金するか。さすがに50枚はないから来年以降でもいいか。枚数多いと手数料取るようになるらしい。なんという役立たずの記念硬貨ども!
88年瀬戸大橋開通記念その他の500円硬貨もそのうち入金して処理しよう。全てが無駄!無駄無駄!