ここから本文です

兜町風のうわさ
15日、大塚家具は20年4月期業績予想を開示、決算期変更による16ヶ月の変則決算となっているが黒字予想となっている。実際に黒字転換になるなら好材料といえるが、株価反応は限定的、逆に上げを縮小、反応前の株価に戻っている、この株価からも黒字転換すると言う業績予想を信じてる向きは乏しい様子、この黒字の具体的な根拠が記載されていないため、株価対策にもなっていない。この先不透明なことから再度安値更新してくる恐れがあるとの声が界隈で聞かれている