IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

まあ、任天堂の価値を考え見つけることは簡単なことではありませんから、機関投資家やアナリストは、こういう側面から任天堂の価値を説明することはほぼ無理です。

プロにやれることはエビデンスを示せる会計報告や売り上げ報告などと、過去の任天堂の製品の実際を下敷きにした予測が全てでしょう。それでやれることはだいたいわかります。大半のアナリストが出している数字でしょう。

それはそれで決められた仕事をこなしているということであり、ひどいということでもありません。そのほとんどは可もなく不可もなくというところです。

その枠組みの中で儲けようと思うと、多くの素人投資家はプロの餌食になります。

もちろん自分も資産を無く確率が高いでしょう。勝てたとしてもそれはたまたま運が良かっただけのことです。統計的には負けであり、参加することそのものが罠に捕まるということです。

ではプロに勝つにはどうすればいいのかというと、プロの行動様式では把握できない価値を、プロに先回りして見つけ出し、確信の持てる形まで分析してしまうことです。

まあそれをやった結果として、あまり価値がないということになる可能性もないことはありませんが、これまで見てきた限りでは、かなりの価値がありそうな確信は高まりつつあります。

もちろんそのためにはまだまた分析を進める必要はありますし、むずかしいのはここから先にあります。