ここから本文です

徹底した殺戮は同じグループの中では起こらないようです。遺伝的に近いからなのだと思います。これが遺伝的に遠いと婚姻関係も無く、殺戮に対する忌避感は薄らぐということです。

日本では集落間の争いを避けたり、武士の集団ごとの争いを避けるため、婚姻関係が役立っていたようです。そのため殲滅戦は起こらなかったようです。

また自然災害が多く、戦いの相手は自然でした。