ここから本文です

人生は1度きりです。

 いつ死ぬか?わからないので 私が言いたいのは 人生楽しんで死ぬ 

 仕事は 究極のひまつぶし である。 その ひまつぶし が苦であれば それは楽しい人生ではない。

 ブラック企業で働くと その人間の価値もブラックに染まる(本人は気がつかない)

 働くと その職場の上司や先輩が ブラックで良いことをマインドコントロールする。

 ブラック人間のできあがりである。賢い人は アイデンティティの崩壊をするだろう。

 武田邦彦が良い人生を送るには 有名な会社に入ることでもない 公務員になることでもない 自営業であると言っている

 泡盛を作っている有限会社の役員が 一人当たり年間1億の役員報酬に加え 巨額の退職慰労金をもらってたことが

 国税局から指摘を受けたが、やはり自営業で好きなことをやり高い報酬をもらって早くリタイヤ この生き方が王道であろう

 そのためには ある意味 会社に入ることは 人生のステップアップとして考え 会社に使われるのではなく 会社を踏み台

 として使う ぐらいで良い。 どっぷり会社に漬かると 最後は病気になり 病気の治療費のために働いていたことになり

 自分の人生を後悔することになる。特に時間は帰っては来ない。

 ブラックで働くことの意義を今一度 再考してください。