IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

逆選択とは、契約者が保険事故の発生する確率が高いことを知りながら、保険を契約しようとすることを意味する。 例えば、生命保険の場合には、健康に不安を有する者や危険な職業に就いている者ほど加入する傾向があるが、保険会社にとってはあまり好ましい状態とはいえない。



とどのつまり、逆選択の法則が働いていたと見て良いでしょう。
コロナにより保険事故の発生する確率が高いと思い、前年4月に新規加入者が急増した。
しかし、コロナ禍で1年経ちコロナワクチンや事故発生率や家計の事情により解約が増えた。

この影響が解約率1~2%の幅で影響がある程度。
さほど問題無いね。

と言うのがコロナの影響と新契約は解約が多くなると言う事の説明になったかと。