ここから本文です

株式市場は、不特定多数の参加者が、それぞれの事情・思惑を抱えながら売買し、それによって価格が決まる。したがって、株価の動きは自然的であるはずがない。その企業の業績が良く、決算では上方修正の可能性が高く、かつ地合いが良い日でも
参加者に纏まった売り事情があれば、取引量の少ない銘柄では、値を下げる。参加者全ての事情が判れば、百戦百勝だが、残念ながらそれが判らない。結論として、株式市場とはそういうものだから、短期の値動きに一喜一憂してもしょうがない。

と自分に言い聞かせつつ、毎日期待しながら株価を注目しています。