IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

モデルナ社製ワクチン用冷凍庫 燕市のメーカー出荷で式典
04月16日 15時14分

新型コロナウイルスのワクチンの輸送などに用いる、燕三条地域の金属加工技術を生かした冷凍庫の生産が本格的に進み、16日、燕市で記念の式典が開かれました。

燕市の家電メーカーが手がけたのは、アメリカの製薬会社モデルナが開発したワクチンの輸送や保管に用いる冷凍庫です。
国や製薬会社から合わせて1万台を受注し、去年12月から本格的に生産を始め、今月上旬仕上がったことから、16日、記念の式典が開かれました。
このなかで野水重明社長は、生産に協力した地元企業の関係者などを前にあいさつし、「燕三条地域の技術が集結して完成にこぎつけることができました。これからも『ワンチーム』となって立ち向かっていきたい」と感謝のことばを伝えました。
そして、660台の冷凍庫を積んだ2台のトラックが、拍手で送られながら出発しました。
この冷凍庫は内部の温度を1度単位で調整でき、車から電力を得て輸送中もワクチンを冷やし続けることができます。
当初の想定を上回る発注が寄せられたため、メーカーは部品の供給を担う地元企業などと連携して増産態勢を整え、通常の10倍近いペースで生産にあたったということです。
モデルナが開発したワクチンは、承認に向けた日本政府の審査が続いています。