IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

宇宙開発用水晶発振器とは

1.電子機器の宇宙空間での影響について
 人工衛星等、宇宙で電子機器を使用する場合、放射線の影響や激しい温度変化といった非常に厳しい使用環境に耐えなければなりません。もし故障してしまった場合には修理する事が出来ない為、費用的な損失(HⅡ-Aロケットで打ち上げ費用:約100億円、人工衛星製造費用:数百億円)や、人工衛星そのものが宇宙ゴミ(space debris)となるなど、多大な影響があります(図1参照)。その為、宇宙用途部品には高い信頼性が要求されます。

2.宇宙用途部品への要求
宇宙用途部品への一般的な要求を以下に記載致します。
・動作温度範囲:-55℃ ~ +125℃
・ハーメチックパッケージ
・高い耐振動性
・アウトガスと可燃性の制御
・長期信頼性
・耐放射線性
・ロット保証試験
・ロットレベルでのトレーサビリティ

3.宇宙用発振器の信頼性保証の方針
 人工衛星搭載用発振器として、宇宙用途部品への要求も含め、以下の4つのポイントを設計及び品質管理に盛り込むことにより、高信頼性を保証しております。
(1)搭載部品レベルで信頼性を確保
(2)耐環境性能を考慮した発振器構造
(3)徹底した工程管理の実施(工程毎に確認及び検査を実施)
(4)スクリーニング及びLot保証のための品質確認試験を実施
   (宇宙開発用信頼性保証混成集積回路共通仕様書:JAXA-QTS-2020適用)


で、利益貢献は?宇宙開発用水晶発振器はどの程度利益貢献してるの?