ここから本文です

今回の上昇相場について
今春のものすごい上げ相場(確か10何連騰で、高値@2320円を実現)の勢いはないが、今回は業績の裏付けがあることと、5Gに関して、東京オリンピック
という目標があるため、簡単に終わるとは思えない。出来高に過熱感は全くない。
但し、今回の上昇相場の出発点が、7/22の1338円であるため、かなりの上昇となっているため、ここからは11月上旬の第2四半期発表まで、利食いをこなしながら、ジリ上げとなると思う。
相場環境はかなりの変動含みであるため、油断禁物だが、ここ2か月は大きな押しも無いことから、素直についていきたい。親分のアンリツが強いことも安心材料だ。