IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

NY、日経、そしてここ、随分と大げさな下げでした。
中国不動産大手のデフォルト懸念を契機にしたものですが、不動産会社に対する銀行からの融資に政府が一定の規制を昨年末以来かけてきたのは、不動産バブルに狂気している状況を憂慮してのことです。その結果が何をもたらす危険があるかは当局も当然予想していたはず。たいしたことはないと思えば放っておくし、想定外の重大な事態を招きそうだと判断すれば、中国政府のこと当然公的融資などの手を打ってくるでしょう。
中国由来のコロナに続いて、中国発の金融恐慌、世界同時株安などという不名誉な事をプライドの高いかの主席が容認するわけがありません。便乗して空売り派は利益を!と当然考えたでしょうが早晩落ち着くと推測しています。